MENU

虫歯菌除去方法〜歯医者の除去治療とは?

現在では、歯医者さんで行われています治療のなかで、虫歯菌除去(ミュータンス菌除去)をすることが可能となっています。

 

これまで歯医者さんに通う人は、虫歯ができて歯の痛みや異常を感じ始めてから受診するという人が多くいましたが、最近では予防歯科に積極的に取り組んでいる歯医者さんが増えたことからも、虫歯をつくらないために定期的に通う人が増えているようです。

 

虫歯は、ミュータンス菌と呼ばれる虫歯菌が、強い酸を出して歯を溶かしていくといわれています。

 

 

虫歯菌除去方法には複数あります。

 

虫歯菌は100度で死滅するとされていますが、口内では実質、この温度での殺菌は無理なので
別の方法を選ぶ必要があります。

 

 

基本的には自身の口腔内の環境を知って、ミュータンス菌を減らしていくものになります。
虫歯菌除去の除去治療とは、まず最初に唾液検査を行って、虫歯菌の量や唾液の分泌量、酸性に傾いた状況を中和させる能力などを調べていきます。

 

 

その唾液検査の結果で、ミュータンス菌が多く検出された人には、3DS(デンタルドラッグデリバリーシステム)という治療が提案されて実施されます。

 

 

治療方法は、自身の歯型をとった専用トレーが作られて、バイオフィルムという膜を除去した後に、専用の薬剤を歯型のトレーに塗布して、歯に装着していきます。自宅でも、夜の歯磨きが終わった後に同じことを1週間続け、歯医者さんを受診して除去治療を行います。

 

 

この方法は、直接虫歯菌に作用するといわれていますので、除菌効果はおよそ4ヵ月〜6ヵ月続くとされています。虫歯菌除去治療を希望される方は、歯医者さんに相談されてはいかがでしょう。

 

虫歯菌除去費用

虫歯菌を除去するには、日頃の歯磨きでのケアが最も大切ですが、それだけでは完全に予防が出来ません。
虫歯菌や歯周病菌を除去するには、PMTCや3DSという治療法があります。

 

PMTCは、医師が専用の器具を使い歯と歯茎のクリーニングを行い、その後3DSと呼ばれる歯形に合わせた専用のトレーを使い、虫歯菌の活動拠点である歯の表面に抗菌剤を付けて駆除します。

 

虫歯菌除去費用は、クリニックによって異なりますが、高いところだと6万円ぐらいかかるところもあります。
初回、1週間後、6ヵ月後に3回行い、その間は家でのケアになります。

 

他のクリニックだと半額で行っているところもあり、受ける前には内容や価格も確認した方がよいです。

 

あるクリニックの3DSの治療費だと、

  • カリエステスト(虫歯菌+唾液)で5,400円
  • PMTCは5,400円
  • 3DSは32,400円
です。

 

殆どの虫歯菌除去は、保険が適用されます。

虫歯菌除去成分BLISM18とは?

通常、子供の口腔内に一度でも入り込んだミュータンス菌は、簡単には除去することができず、この虫歯菌が除去できないことで、歯が侵食され、穴が開き、やがて痛みを感じるようになりますが、ミュータンス菌を虫歯菌除去成分であるBLISM18の作用によって減少させることにより、虫歯を予防することができるようになります。

 

 

そして、このような虫歯菌除去成分BLISM18とは、非常に細かい500nm以下の粒子のため、歯ブラシが届きにくい歯と歯の間や奥歯の奥、歯と歯茎の間にも入り込んで虫歯を防ぐことが可能となります。

 

 

また、虫歯菌が繁殖するためのエサとなる歯垢も同時に除去する効果もあることから、多数のメディアから注目されている成分となっています。
なお、BLISM18が今までデンタルケアに用いられなかった背景には、殺菌剤や熱に非常に弱い唾液連鎖球菌の一種でもあり、製造して実用化することが難しく、さらに、殺菌剤、発泡剤、界面活性剤などの使用でBLISM18が死滅してしまうことも実用化が難しかった要因で、さらに、価格的でも高額となり、保存や輸送などにも大変な労力が要ることから、歯磨きとしての誕生が難しかったのですが、近年、専門メーカーの努力により、実用化が実現するようになりました。

 

BLISM18配合歯磨き粉

虫歯菌除去成分BLISM18配合のブリアンとは、
日本で始めて虫歯菌除去成分BLISM18を配合した子供用歯磨き粉で、口内環境に住みついたミュータンス菌である虫歯菌を追い出して、虫歯になるのを根本的に予防するという画期的な歯磨き粉です。

 

虫歯菌除菌はアルコールで可能か?

 

アルコールはさまざまな菌の殺菌に使われています。

 

そのため、虫歯菌除菌はアルコールで可能かと考えたことはないでしょうか。
理論上は、虫歯菌をアルコールで殺菌することは可能です。

 

 

ですが、実際は、虫歯菌の特徴により、アルコールで除菌するのは非常に難しいのです。

 

 

虫歯菌はミュータンス菌といい、口の中にある糖分を栄養としています。
磨き残しがあると虫歯菌はそれを食べ、プラークと呼ばれる巣を作ります。

 

 

プラークはただの食べかすと考えられがちですが、実は食べかすとは別の物質であり、虫歯菌が1ミリグラムの中に数億個も存在しています。

 

 

このプラークはねばねばとした粘り気があり、アルコールを防いで虫歯菌を守ってしまいます。
そのため、アルコールを口に含んでも、プラークを取り除かない限り虫歯菌を除菌することはできません。

 

 

また、除菌を行うのであれば、70%以上の非常に高い濃度のアルコールが必要になります。お酒に弱い人は口に含むことさえできませんし、たとえ口に含むことができたとしてもすぐに唾液などで薄められてしまいます。

 

 

そのため、日常的にアルコールを摂取しているから虫歯菌が除菌されていて虫歯になりにくい、ということは決してないのです。

 

その他の虫歯菌除去に利用されるもの

アスパルテームの虫歯菌除菌効果とは

 アスパムテームは人工甘味料の一種です。主にカロリーオフの炭酸飲料や多くの食品に含まれています。アスパムテームには、虫歯に対しての予防効果があることで知られています。ですので、今日ではアスパムテームの名は一般的にも知名度は浸透してきています。
 アスパルテームの虫歯菌除菌効果とは虫歯になる原因をつくるのは砂糖ですので、アスパムテームには砂糖が入っていないということもありかなり強力です。ですので、摂取すること自体は1日の摂取上限を超えなければ特に問題ありません。とはいえ、摂取を多く摂ると健康上の悪影響がありますので1日の摂取上限は守るようにします。

 

イソジンの虫歯菌除菌効果とは

イソジンは消毒作用や殺菌作用が有効であることが、良く知られています。家庭では、うがい薬として用いています。
役目は患部の消毒作用とか、口内の殺菌や口臭予防です。虫歯菌は歯の表面に生息し、歯の周りをバイオフィルムで覆っています。一度定着すると殺菌は難しくなります。イソジンの殺菌力は内部までは浸透しないので、虫歯菌除菌効果とはなりにくいようです。。
イソジンはうがいをすることで、口内の清潔を保ち歯の健康を保つ補助的なことには、十分効果はあるはずです。

 

カテキンの虫歯菌除菌効果とは

カテキンの虫歯菌除菌効果とは、原因であるミュータンス菌の増殖を抑え、歯垢であるプラークをできにくくすることがあげられます。カテキンは緑茶に含まれており、渋み成分でもあります。ポリフェノールの一種で緑茶でうがいをすると風邪など感染症を予防する効果があります。
虫歯菌除菌効果があるので、毎日継続してうがいをすることにより、歯垢がつきにくくなり、歯磨きがしやすくなります。カテキンの量が多いほど効果があるので、濃い目のものを利用するようにします。

 

納豆菌の虫歯菌除菌効果とは

歯を守るためには、口の中を清潔にしておく必要があります。手軽にきれいにしたいならば納豆菌の効果を活用してみるとよいです。
納豆菌ならば、歯周病菌を減らす効果だけではなく、歯垢がつきにくくなります。虫歯菌そのものを減らすわけではないです。
つまり、納豆菌の虫歯菌除菌効果とは、歯垢が付着しづらくなることです。しっかりと歯磨きをすることを忘れてはいけません。
納豆菌は、歯の衛生状態をよくするために役立ちますので、できる限り利用したほうがいいといえます。

 

フッ素の虫歯菌除菌効果とは

フッ素の虫歯菌除菌効果とは次の様なものがあります。
まず、虫歯の原因となる歯垢の細菌の働きを抑える作用があります。
また、剥がれてしまったエナメル質の修復も行ってくれます。
この様に歯の質自体を強くし、虫歯のできにくい歯にしていく事ができます。
その為、虫歯予防に歯科ではフッ素塗布を行っているところも多いのです。
市販の歯磨き粉などオーラルケア用品の中にもフッ素が含まれているものが多く販売されており、虫歯予防の期待ができそうです。

 

重曹の虫歯菌除菌効果とは

重曹の虫歯菌除菌効果とは、重曹は弱いアルカリ性の食品添加物であり、口に含んでも問題はなく、虫歯になってしまうメカニズムとして、口の中が酸性に傾くと虫歯菌が活発になるため、重曹により中性を保つことで、虫歯菌は歯を溶かせなくなるので予防に繋がるということです。フッ素よりも虫歯菌除菌効果があると判明し、重曹うがいが広まっています。重曹うがいは、歯磨きをしたあとに水に重曹を溶かしたものでうがいをするという簡単なものです。

 

 

 
更新履歴