MENU

親から子へと感染

甘いものを食べるとできるというイメージがある虫歯です、甘いものだけでは発症しません。

 

 

虫歯菌がいることで、初めて発症する病気です。

 

 

ですから、虫歯菌感染を防ぐことができれば、虫歯に一生ならないということです。

 

 

多くの虫歯菌は、親から子へと感染します。

 

 

防ぐ方法とは、口移しをやめるというものです。
これは、直接同じ食べ物を食べないということばかりでなく、同じお箸やフォークを使わないようにしましょう。

 

 

虫歯菌は目に見えないほど小さく、同じお箸を共有するだけで、子供の口の中に入ってしまいます。

 

 

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいません。
しかし、口移しや同じ食べ物を食べるようなことを続けた結果、親から子へと菌がうつってしまうのです。

 

 

菌がうつるのは、食べ物だけではありません。

 

 

同じコップやペットボトルを飲みまわすことでも、菌をうつしてしまう原因になります。

 

 

けれども、完全に虫歯菌感染を防ぐ方法はないというデーターもあります。

 

 

話す際にでる唾液を介したり、ドアノブについた虫歯菌から発症したという症例もあります。
完全に防ぐのは無理なので、あまり神経質にならずに、菌の数を減らすように考えて行動するといいでしょう。