MENU

赤ちゃんに移る原因

虫歯菌としてよく知られているのが、ミュータンス菌です。
ミュータンス菌は、酸を作り出します。

 

 

ミュータンス菌によって作り出された酸で、歯のエナメル質が溶かされるので、歯がもろくなってしまいます。
もろくなった歯に乳酸菌の一種であるラクトバチラス菌が取りつくと虫歯が進行してしまいます。

 

 

でも、赤ちゃんにはもともと虫歯菌であるミュータンス菌はいないのです。

 

 

では、虫歯菌が赤ちゃんに移る原因とはなんでしょうか。

 

 

実は、唾液を介して、大人から赤ちゃんに移ってしまうのです。

 

 

例えば、離乳食を食べさせる際に、母親が自分が食べているスプーンやお箸を使って赤ちゃんに食べさせたり、キスをするなどが原因として考えられます。

 

 

昔は、母親が自分で噛み砕いたものを赤ちゃんに食べさせることもあったようですが、このような行為は、赤ちゃんが虫歯菌に感染する大きな原因となります。

 

 

乳歯の頃から虫歯菌に感染してしまうと、口の中で菌が繁殖し、永久歯にも影響を与えるので、虫歯になりやすくなってしまいます。

 

 

歯の健康は、万病のもととも言え、小さい頃からしっかりと口腔環境を整えてあげることが親の大切な務めと言えるでしょう。

 

 

そのためには、赤ちゃんに口移しで物を与えない、甘いものをあまり食べさせない、だらだらぐいをさせないなど、虫歯になりやすい要因を除去することが大切です。

 

 

また、親が、子供の歯を丁寧に磨いてあげましょう。

 

歯磨きも、大切なスキンシップの代わりになるので、楽しんでしてあげましょう。

 

 
虫歯菌除去成分「BLISM18」配合の歯磨き粉




>>大人用の詳細はこちらで確認できます。
※60日の返金保証あり(2箱使い切ってもOK)


>>>子供用の詳細はこちらで確認できます。
※60日の返金保証あり(2箱使い切ってもOK)