MENU

深刻な病気を引き起こす可能性

虫歯は、歯が痛くなるだけでは済まない場合があり、虫歯を放置し続けることによって虫歯菌が全身にめぐり、他の深刻な病気を引き起こす可能性があります。

 

 

虫歯菌が原因になる病気とは、一体どのようなものがあるのかについて以下にまとめました。

 

 

虫歯菌が原因となる病気としてまず、蓄膿症が挙げられます。

 

 

上顎にできた虫歯から生じた膿が、副鼻腔に溜まることによって蓄膿症になるとされています。

 

 

また、虫歯菌が顎の骨に達してしまい、顎の骨に感染してしまうと、骨髄炎を引き起こすことがあります。
骨髄炎では激しい痛みや発熱を生じるようになります。

 

 

さらに、虫歯菌が血液に入ることで全身に感染が広がることで、さらに重大な病気を引き起こします。

 

 

まず、虫歯菌が心臓に達することで心筋梗塞になり、死に至る可能性があります。

 

 

虫歯菌が全身へ影響することが発見されたきっかけは、虫歯が心筋梗塞へ至った例についての研究からはじまっています。

 

 

また、心臓に虫歯菌が侵入することで、感染症心内膜炎などの病気が引き起こされる可能性もあります。

 

 

 

虫歯菌が血液を通じて脳に到達してしまうと、脳梗塞や脳腫瘍などといった深刻な病気を引き起こします。
これらの病気も死に至る可能性が高く、非常に危険なものです。

 

 

また、虫歯菌が原因になる病気としてほかに、顔面神経の麻痺によって表情筋が動かせなくなることや、顔面がしびれるなどといった症状があらわれることがあるほか、敗血症などを引き起こすこともあります。

 
虫歯菌除去成分「BLISM18」配合の歯磨き粉




>>大人用の詳細はこちらで確認できます。
※60日の返金保証あり(2箱使い切ってもOK)


>>>子供用の詳細はこちらで確認できます。
※60日の返金保証あり(2箱使い切ってもOK)