MENU

予防プロバイオティクスで虫歯菌も減らせる?

予防プロバイオティクスとは腸内の環境を整えるために有効なものだと思われています。

 

善玉菌を増やし悪玉菌を抑えながら健康的な生活を送るのに大いに役立つとのことで注目が集まっています。

 

それが虫歯菌にも効果的だということが分かってきました。

 

 

口の中にはいろいろな細菌が100億個も存在するのだと言われています。

 

そしてそのいろいろな細菌の種類も800種類にも及ぶのです。

 

 

口の中も体の中の一部なので善玉菌と悪玉菌があり、そのバランスが崩れることにより、虫歯や歯周病などになり口臭がするようになったりします。

 

 

殺菌効果のある歯磨き粉を使って磨いたり、口をすすいで殺菌をする場合もありますが殺菌剤は良い菌も悪い菌も殺菌をしてしまうものです。

 

 

そこから考えられた予防プロバイオティクスは虫歯菌などの菌だけを除くことができるので虫歯や歯周病などの予防に効果が期待されるのです。

 

 

口臭の原因に便秘もあり、腸内の悪玉菌が増えることで働きが鈍くなり老廃物が溜まり、それが口からアンモニアなどの臭いがでてきます。

 

 

そのような時には歯磨きをしっかりとしていても口臭には効果がないのです。

 

 

プロバイオティクスを利用して腸内の環境を整えることが大切になります。

 

 

予防プロバイオティクスで善玉菌を増やすことで虫歯菌の殺菌を可能にし、歯周病菌を抑えて、口臭を防ぐことができます。
口腔内で虫歯菌の原因となる菌を予防プロバイオティクスで殺菌をすることができるのです。